予備ブログ

予備ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 7/3 熊野岳


・峩々温泉からスタート、雨の中、合羽を着込んでから登り始める
・ガスで視界は無く、途中から下草が伸び放題となり道が不明瞭になる
・名号峰の手前で初めてコマクサを目にする
・名号峰に到着すると、宮城県側はガスで雨だったのに、山形県側はとても天気が良い
・縦走路を進んで熊野岳を往復、少し馬の背に降りてお釜を見ながら昼食
・追分まで戻り、かもしか温泉跡方面へと右折する
・やがて分岐点に到着、地形図を見ると濁川沿いに登山道がある模様、とりあえず進んでみる
・ずぶ濡れになりながら何とか進む(東北大左エ門小屋は土台だけが残されている)
・途中から前進が困難になり、道もサッパリ分からず諦めて戻る(精神的ダメージを負う)
・分岐まで戻り、賽ノ磧を過ぎてエコーラインに飛び出したときにはホッとした
・小雨の中、エコーラインを歩き続けて途中から左折、膝が笑い始めた頃に峩々温泉に到着する

(峩々温泉~名号峰~山頂~追分~かもしか温泉跡~賽ノ磧~車道歩き)

雨の中を登るハクサンチドリ晴れてきた初めて見るコマクサ名号峰山頂コバイケイソウ山頂方面を見上げる出発時の雨が嘘みたい・・・熊野岳山頂蔵王のシンボル・お釜賽の河原に飛び出す峩々温泉

こうすれば登れる!憧れの名山

生還
スポンサーサイト

FC2Ad


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。