予備ブログ

予備ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 7/16 焼石岳


・道の駅みずさわで車中泊、急いで夏油温泉を目指す
・経塚山登山口から登り始め、途中で林道に合流する
・林道を離れると樹林帯の登り、しばらく行くと再び林道に出会う
・正面には牛形山登山口、左折してひたすら林道を歩く
・ウンザリしてきた頃にようやく林道とお別れ、夏油川に架かる赤い橋を渡ると急登の始まり
・樹林帯に入ると下草がうるさい、ハイペースで飛ばす
・水場、お坪の庭(冷気が岩の隙間から出ていてとても涼しい)を通過
・木道を抜けるとようやく視界が開ける(途中で金明水避難小屋泊まりの老夫婦とスライドする)
・相変わらず下草が登山道を覆っていて歩き辛い、ひと登りで経塚山山頂に到着
・展望を楽しんでから急斜面のガレ場を下り出す
・目印も少なく、微かな踏み跡を頼りに進む(とにかく下草が邪魔だ)
・ホントにこの道で良いのか不安になっていると、金明水避難小屋に飛び出してホッとする(この手前で初めてキヌガサソウを目にする)
・小屋からひと登りで牛形山分岐に到着、右手の登山道は藪に覆われていて廃道になっている
・六沢山、東焼石岳を通過する頃には疲れもピーク、泉水沼辺りには中沼からの登山者が沢山いる
・ヘロヘロになって山頂に到着(6時間25分)、少し離れた所で昼食
・休憩を終えるとひたすらに来た道を戻る
・金明水避難小屋で管理人(?)と談笑、日帰りだと言ったらひどく驚かれる
・経塚山への登り返しがキツイ、山頂を通過するとなりふり構わずに下る
・長い林道歩き(緩い登り)を経て登山口に飛び出す(山頂から5時間)
・すっかり薄暗くなってしまい、通りがかりの人に温泉の情報を聞く
・夏油山荘で湯に浸かり生き返る(これ以降、下山後に温泉に入るようになる)

(夏油温泉~経塚山~金明水避難小屋~東焼石岳~山頂)

橋を渡ってようやく登山道へ倒木が道を塞ぐ途中にある水場お坪の庭視界が広がるウスユキソウがいっぱい経塚山山頂どれが焼石岳かな?牛形山初めて見るキヌガサソウ(デカイ・・・)金明水避難小屋ヒナザクラ東焼石岳の標柱が見えたメインコースは人が多い泉水沼を見下ろす焼石岳山頂フラフラで登山口に戻る

花かおる和賀岳・真昼岳

週末に楽しむ山歩きの本
スポンサーサイト

FC2Ad


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。