予備ブログ

予備ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 7/30 門内岳


・初の飯豊連峰でドキドキ、湯沢ゲート前の指導所で登山者カードを記入する
・勢い良く文覚沢方面に歩き出してしまい、背後から梶川尾根はそっちじゃないよと注意を受ける
・ネットで情報は得ていたが、とんでもない急登に度肝を抜かれる
・湯沢峰を通過し、泊まり装備の登山者を次々に追い抜く
・滝見場でどちらが登山道なのか一瞬迷う(勘で右手に進む)
・五郎清水で喉を潤し休憩、いつまでも終わらない急登に喘ぎ始める
・梶川峰にも数パーティー、ガスで視界が無い
・扇ノ地紙手前で休憩、稜線を歩いて門内岳に到着する
・北股岳まで行きたかったが、視界も無いので諦めて昼食にする
・飯豊も登山者が多い、昼食後は地神山経由で戻る
・丸森峰手前の鞍部で左右に踏み跡があって一瞬戸惑う
・夫婦清水で喉を潤し、急坂を下り続ける
・飯豊山荘の屋根が見えてからが異様に長い、これまたとんでもない急坂にビビりまくる
・無事に到着して飯豊山荘で湯に浸かる(虫が沢山浮いていた)
・その後、飯豊と朝日には何回も登っている為に、記憶がごちゃ混ぜになり思い出すのが結構しんどい

(飯豊山荘7:40~梶川尾根~山頂12:35~地神山~丸森尾根)

ガスで展望はイマイチ?(登山道に沢山咲いてた)梶川峰から稜線へアオノツガザクラクルマユリ門内小屋門内岳山頂雪渓が残る地神山へ向かう地神山山頂コバイケイソウの群生ひたすら急降下駐車場に到着

狩猟界(創刊号(昭和32年6月号))復刻版

健康長寿登山
スポンサーサイト

FC2Ad


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。