予備ブログ

予備ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 8/6 神室山


・役内口から林道を歩き出し、西ノ又コースに入る
・吊橋を2本渡って、トラバースが延々と続く
・第3渡渉点から対岸へと渡り、少し登って不動明王の水場で休憩する
・急登を喘ぎながら登り続ける(とても暑い)
・御田の神を過ぎると緩やかな登山道、少し進んで登りになると調子がおかしいことに気付く
・何だかフラフラするが、それでも足は動いてようやく山頂に到着する
・着いた途端に強烈な目眩を感じて、これはヤバイと直感する
・埼玉から来たという単独行(奥さんは七夕見物だと言っていた)としばし談笑してから、避難小屋を目指して下る
・小屋の裏手の日陰に逃げ込み、しばらく横になって休む
・ここで軽い熱中症なのではと疑う
・十分に休憩を取ってから、来た道を戻り始める
・急坂を下っていると、何だか手に痺れを感じる
・不動明王の水場でタオルを水に濡らし、後頭部から首筋にかけて冷やし続ける
・しばらく繰り返していると、痺れも無くなり体調も回復、その後はゆっくりと車まで戻る

(役内口7:00~西ノ又コース~山頂11:10)

古い吊橋(横に新しい吊橋があった)不動明王の看板樹林帯から抜け出す(とても暑い)前神室山山頂が見えた山頂にて(かなりフラフラでヤバイ状態・・・)小又山へ続く縦走路山頂を後にする中央奥に山伏岳&高松岳不動明王の水場で生き返る駐車地点に到着

GPSかんたん

山に恋して
スポンサーサイト

FC2Ad


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。