予備ブログ

予備ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 10/9 以東岳


・前夜に道の駅月山で車中泊、暗闇の中、泡滝ダムを目指す
・ダムに到着すると既に数台の車が停まっている、少し明るくなってか出発
・水平道をグイグイと飛ばす、2本の吊橋を渡ってから七曲の急登へ差し掛かる
・ショートカットコースが切られている、在り難く利用させてもらい、少し進んで大鳥池に到着する
・幻の怪魚・タキタロウが棲むといわれる大鳥池、とても神秘的だ
・分岐に差し掛かり直登コースを選択、池に沿って進むと増水気味の東沢が現れる
・幅はそれ程無いのでハイジャンプで飛び越える、慣れていない人は大変だろう
・ガスで視界の無い樹林帯をもくもくと登る
・以東小屋を過ぎて山頂へ、ガスが流れていて紅葉が見え隠れしている
・山頂には小屋泊まりのパーティー、リンゴを頂くが不味かった
・1時間半粘るもガスが綺麗に取れてくれない、諦めてオツボ峰方面へと下り出す
・途中でコーヒーブレイク、三角峰を過ぎて振り返ると素晴らしい紅葉、夢中でシャッターを切る
・しばらく紅葉に見とれる、追いついてきた方々と話を交わす
・名残惜しいが樹林帯を下り始める、大鳥小屋の前で小休止
・七曲を下っていると突然木がガサガサ、デカイ猿が慌てて逃げていった
・順調に車まで戻り、かたくり温泉ぼんぼで汗を流すと、鳥海町の道の駅へ移動して車中泊

(泡滝ダム5:40~大鳥池7:30~直登コース~山頂9:30-10:55発~オツボ峰11:45~大鳥小屋13:30~15:00着)

大鳥池直登コースを選択東沢を渡渉上部はガス以東小屋以東岳山頂大朝日岳方面陽が当たって欲しい・・・オツボ峰に向かう晴れたり曇ったり三角峰付近振り返る大鳥池と紅葉中央にデカイ猿がいます駐車場(?)に戻る

遭難者

63歳のエヴェレスト
スポンサーサイト

FC2Ad


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。