予備ブログ

予備ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 10/12 大朝日岳


・お袋に紅葉を見せたくて、古寺鉱泉からの日帰りにチャレンジしてみる
・とにかくゆっくりペースを心掛けて、順調に登っていく
・足も調子良さそうだが口の方も絶好調、途切れなくしゃべり続けていて少々うるさい
・三沢清水で小休止、居合わせた年配男性に「ご夫婦ですか?」・・・この言葉にショックを受ける
・古寺山を順調に通過し、小朝日岳で小休止していると犬連れの単独行が登ってきた
・黒いラブラドールはとても賢そう、その後、前後しながら大朝日岳を目指す
・付近は紅葉真っ盛りで、歩いていてとても気分が良い
・大朝日岳山頂に到着すると、素晴らしい雲海がどこまでも広がっている
・まさしく雲の海そのものであり、月山&鳥海山が島のように見える
・昼食後に来た道を戻り、銀玉水で喉を潤す
・来る時には気付かなかったが、小朝日岳南壁の紅葉がお見事、しばし見とれる
・熊越から巻き道に入り、古寺山を順調に通過し樹林帯を下る
・まだかまだかとうるさい、一度通った道なんだから覚えておいて欲しい
・ひたすらゆっくりペースで下り続け、往復10時間弱で古寺鉱泉に戻る
・帰りは大井沢のゆったり館へ、お袋もゆったりと疲れを癒して満足そうだ

(古寺鉱泉6:15~古寺山8:45~小朝日岳9:30~山頂11:45-12:30発~巻き道~古寺山14:10~16:00着)

大朝日岳を望む(小朝日岳から)中岳最高の天気だ以東岳まで続く縦走路深い谷と紅葉植生復元地帯を下る小朝日岳

道迷い遭難を防ぐ最新読図術

登山医学入門
スポンサーサイト

FC2Ad


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。