予備ブログ

予備ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005 11/5 船形山


・泉ヶ岳スキー場からスタート、水神コースを選択する
・水神で小休止していると、若い学生風の単独行がそのまま北泉ヶ岳に向かっていった、こちらは泉ヶ岳へと進行する
・ひと登りで泉ヶ岳山頂、誰も居ない中で20分の休憩を取る
・三叉路まで下って右折し登り返すと北泉山頂、そのまま通過して下り始める
・桑沼分岐を左折、広くて緩やかな登山道を気分良く進む
・水源の水場に到着、広い幕営スペースがあるが熊に襲われないか心配だ
・少し進むと案の定、熊の平の標識・・・左手から狭い林道が合流している    
・ひたすら緩やかな道が続くがブナ林が素晴らしい、傾斜が急になってくると視界が開けてきた
・少しアップダウンを繰り返すと三峰山山頂、展望が良く、後白髪山の姿が大きく見える
・小休止後に蛇ヶ岳を目指していると、水神で見かけた若い単独行とスライドする
・既に船形山を往復してきたとのこと・・・泉ヶ岳に寄っていないとは言え、恐ろしいスピードの持ち主だ
・蛇ヶ岳を順調に通過して船形山山頂に到着、登山者が多く小屋の外で昼食を取る
・休憩後はひたすら来た道を戻る、途中、水源でコーヒーブレイク
・北泉への登り返しがキツイ、そろそろ陽が傾いてきた
・順調に下り続け、水神を過ぎた所で泊まりと思われる単独行とスライド、水源辺りでテントを張るのだろうか?
・いよいよ暗くなってきて焦る、小走りではなく走り続ける
・とっぷりと日が暮れた駐車場に到着、帰りはスパ泉ヶ岳に寄るが、とても高くて二度と行きたくない

(泉ヶ岳スキー場6:10~水神コース~泉ヶ岳7:30~三叉路8:05~北泉ヶ岳8:25~三峰山10:30~山頂11:50-12:35発~16:50着)

水神コースからスタート朝日を浴びる水神の碑賽の河原から振り返るこれから向かう縦走路水源(奥に水場)熊の平快適なブナ林手前はニセピーク三峰山山頂から船形山振り返る蛇ヶ岳山頂山頂までもうすぐ船形山山頂歩いてきた縦走路(左端が北泉ヶ岳)ブナを見上げるコーヒーブレイクでのんびり日没が迫る

渾身の山

登山、スキー大好き
スポンサーサイト

FC2Ad


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。